ゆるーく続けるまいにち弁当。

小1&保育園2歳児クラスの母。 オシャレでも華やかでもない、ごくごく普通の大人のお弁当を毎日ゆる〜く作っている記録。

スポンサーリンク

20180601鶏もも肉とアスパラのバジル炒め弁当&お薬大好き

昨日は帰宅後のあれこれがいい調子で進み、これは早く寝られるぞ!と思っていたのに。

 

夕食後、しばらくしてナナが「パン食べたい」と言い出す。

え、しっかりご飯食べてたじゃん?と思いながらもぐずり出したので仕方なく冷凍してたパンを温める。

 

ナナが食べているのを見て、ハチまで「ハチもパン食べたい」と言い出す。

え、ハチはさらにしっかりご飯食べてたじゃん???

しかも学童でかなりおやつ食べてるよね?

ハチの学童のおやつはかなり盛沢山。

例えばある日は「ピザ、枝豆、クッキー、ヨーグルト」またある日は「焼きそば、オレンジ、クッキー、アイス」。保育園時代より多いと喜んでおります。

 

食欲旺盛なのはいいことだけど、おかげでやっぱり寝るのは遅くなったYO!

 

しかも夫の帰宅がいつもより若干早かったのもあってナナは大興奮。

 歯磨きもお父さん、寝るのもお父さんがいい、と。

 

寝室に行ってからもマシンガントーク止まらず、私は先に寝ましたw

 

朝聞くと、寝てるか確かめるために目をこじ開けられたとか夫が言っていたので、昨夜は完全にお父さんっ子モードだったんだな。

私はされてない。

 

その証拠に、いつもは頭と足の位置が逆になっていたりと寝相は相当なものなのですが、朝私が起きた時見たらぴったり夫に寄り添って寝てました。

普段の並びは、夫、私、ナナ。昨夜は夫、ナナ、私だった。

 

うん、その調子でお父さんっ子突き進んでちょ!

 

 

本日のお弁当

夫弁当

f:id:clover84:20180601063656j:image

私弁当

f:id:clover84:20180601063712j:image

 

今日のメニュー

鶏もも肉とアスパラのバジル炒め

3色ナムル

味玉

ビーリー

ミニトマト

鮭と大葉の混ぜご飯

 

f:id:clover84:20180601063803j:image

 

今朝のお弁当作り

鶏もも肉とアスパラを炒めました。(そのまんま)

クレイジーソルトで味付けして、育ってきたバジルをちぎってパラパラっと。

 

今朝の調理は、以上です。

 

ナムルは昨夜の一品。

もやし、ニラ、人参。

 

混ぜご飯の鮭も昨夜の一品です。

 

++++

お薬大好き

 

思いがけず蓄膿副鼻腔炎)が見つかったハチ。

mainichibento.hatenablog.jp

 

 

土曜日にたんこぶを作ったのがきっかけだったのだけど、その時行った脳神経外科近くの調剤薬局は閉まっていました。

 

まあ土曜日だしすでに夕方だったし、普段利用している調剤薬局も行ったところで閉まってるよなぁ…という事で、調剤できるドラッグストアへ。

 

そこで出来上がった薬を見て、「ナナのは?」と。

 

いやいやナナさん、アナタ健康なんだから薬なんていらないわよ、と言ったところで通じるはずのない魔の2歳児。

 

「おーくーすーりー!!ななの、おーくーすーりー!!」

 

いや、ナナちゃん迷惑だから静かにしようよ。

 

 

苦肉の策で、虫歯防止タブレットを買うことにしました。

こういうの。↓

「ナナ、これはお薬だからね。ご飯を食べた後に1個だけ。守れる?」

と言うと、

「はいっ!」

といい返事。

 

一見ラムネ菓子のようでもあるのだけど、「これはお薬」と念押ししたのが効いたのか、ちゃんと守っています。

 

 

で、その後。

 

耳鼻科へ行きハチの蓄膿の診察を受けたわけだけど、その時ついでにナナの耳掃除をしてもらいました。

その時、耳の奥で血の塊があって、それを今とるのはかなり痛いとのことで、それを柔らかくする点耳薬が処方されました。

 

耳掃除をしようにも逃げまくって出来ないから耳鼻科でやってもらったのに、耳に薬を注入なんて出来るのか…??

 

と思ったら。

 

「ななのおみみのおくすりはー?」

と言うので、

「これは飲む奴じゃないよ。耳にちょんちょんっていれるやつね。だからゴロンしてくださーい!」

と言うと、

「はいっ!」

と。

 

え…薬だったらなんでもいいのかw

 

実際、液体を数滴入れるだけなので痛みはないのだけど、冷たいらしく、

「つめたーい。くっぐったーい。(くすぐったーい)」

とギャハハと笑う程度。

 

毎日きちんと注入させてくれているけど、さて次の診察ではどうなることやら。

 

 

 

 

スポンサーリンク