ゆるーく続けるまいにち弁当。

小1&保育園2歳児クラスの母。 オシャレでも華やかでもない、ごくごく普通の大人のお弁当を毎日ゆる〜く作っている記録。

スポンサーリンク

20180215天ぷら弁当&右の頬を打たれたら、〇〇しなさい。我が家の平和的解決法。

昨日の夕食は長男ハチのリクエスト通り天ぷら。

 

天ぷらをリクエストした経緯はこちら後半。↓

mainichibento.hatenablog.jp

 

 

 

「明日のお弁当の分まで揚げれば、朝楽ができる!」と思いながら、思いっきり揚げました。

 

量が量だけに全部揚げるまで時間がかかったのに、食べるのはあっという間なのね。

 

美味しかった。

 

 

で、今日のお弁当のおかずはもうあるし♪という余裕がイカンね。

 

今朝は思いっきり二度寝しました。

(´;Д;`)

 

 

本日のお弁当

夫弁当

f:id:clover84:20180215085726j:image

私弁当

f:id:clover84:20180215085735j:image

 

今日のメニュー

天ぷら(夫弁当奥からエリンギ、茄子、レンコン、大葉、鶏むね、ちくわ)

梅ちりめんふりかけと梅干ご飯 

 

f:id:clover84:20180215085743j:image

 

今朝のお弁当作り

今朝は何も作っていないです。

昨夜の天ぷらをビストロのフライ温めモードで温めてから天つゆを回しかけ、お弁当箱に詰めただけ。

前述のとおり二度寝してしまい時間がなかったので、天ぷら敷紙とか敷く余裕もなかった(汗) 

 

あれ?天ぷらと梅干って食べ合わせ悪いんだったっけ?

気にしなーい気にしないw

 

++++

右の頬を打たれたら、〇〇しなさい。我が家の平和的解決法。

長男ハチ6歳。そして長女ナナ2歳。

この年代の4歳差というのは大きいもので、あらゆる面においてハチには出来て、ナナには出来ないことが多々あります。

 

が、しかし。

 

ナナはそう思っていないのですよね。

下の子あるあるなのか、「お兄ちゃんが出来ることは自分も出来る。」と思っていることが多く、本人はハチと対等だと思っている節があります。

 

で、時に喧嘩になったりするわけですが、ナナはすぐに手が出る。

ハチの同時期はそんなことなかったんだけどな。

 

原因は何かの取り合いだったりとか、まあ小さなことが多いのですが。

 

ナナがハチを叩いて、ハチが叩き返すのは言語道断。

まあハチもよほどでなければ叩き返すことはありませんが。

 

だいたいが、ハチがじっと我慢しているパターンで、時に涙してしまうこともあります。

 

うーん。

いかんよね、これ。

 

まさか保育園で友達も叩いたりしてないよね?

 

いまのところ特に注意を受けたことはないので(園児たちお互い様の範囲ではやってるのかもしれないけど)、手が出るのはハチに対する甘えも大きいのかなとか思っています。

 

で、「右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさい。」ではないのだけど、「お兄ちゃんだから」で我慢することの多いハチにこれ以上我慢させるのもどうかと。

うっぷんもたまってるだろうし。

(母も第一子だ。ハチの気持ちはある程度わかるぞ。)

 

 

ナナに叩かれて、髪の毛引っ張られて、それでも耐えて耐えて声を殺して泣き始めたハチに、

「ハチ、今度ナナに叩かれたらこちょこちょしてやりなさい!!

 

と、つい言っちゃったんですよね。

 

 

で、数分後。

また喧嘩を始めて、ナナがハチを叩き始めたので「ハチ!たたかれたら?」と言うとすかさずハチがナナをこちょこちょこちょこちょ。

 

「ぎゃははははは!やーめーてー!おちーちゃん(お兄ちゃん)、くっぐったいから(くすぐったいから)、やーめーてー!!ぎゃはははははは!!!」

(>▽<)

 

はい、なんで喧嘩してたのかもう忘れちゃってますよ。

 

あれ、もしかしてこちょこちょ案、正解だった?

 

 

それ以来、ナナがハチを叩き始めると、「ナナ!叩いたな~!?よーし、こちょこちょしちゃうぞ~!!」とハチもすぐに応戦。

 

平和的解決が出来るようになりましたw

 

 

まあこれも、4歳差だから?

年が近い兄妹だと、こんなんじゃ下の子は騙されないのかもね。

 

トムとジェリーじゃないけど、兄妹仲良く喧嘩してくださーい。

 

 

 

 

スポンサーリンク